牡蠣サプリランキング

牡蠣を食べると健康に良い!

牡蠣は海のミルクと呼ばれるほど多くの栄養成分を含んだとても健康によい食べものです。この栄養素が豊富な牡蠣の歴史は古く、日本では縄文時代にまでさかのぼります。

生のままで食するようになったのは、欧米文化の影響を受けた明治以降のことのようですが、日本だけではなく古くはジュリアンス・シーザーをはじめ、釈迦、フランス皇帝ナポレオンなどがこの牡蠣の美味しさや栄養に関する知識までをもっていたようです。

優れた栄養素「海のミルク」

牛乳や卵などのように人間がそれだけを食べ続けても生存できるような食べ物を完全食品と呼びますが牡蠣は、海のミルクと呼ばれるように、優れた完全食品であると言われています。

健康でいるためには、たんぱく質、脂肪、炭水化物の三大栄養素のほかにビタミンとミネラルは必要不可欠な栄養素ですが、この微量な栄養素は血液の酸性化を防ぎアルカリ性とのバランスを整えたり、神経・ホルモンにも良い役割を果たします。

また、ミネラルの中の「亜鉛」は体内の酵素を活性化すると言われており、精力増強や美肌にも効果的です。この貴重な亜鉛を最も含んでいる食べ物が牡蠣であり、とても健康によい栄養成分が豊富なのです。

様々な効果があります!

・鉄や銅などをのミネラルを多く含み貧血予防に効果的
・肝機能を高め疲労回復に効果的
・味覚障害の予防に効果的な亜鉛を多く含んでいる
・乳酸の増加を防ぎ、スタミナ増強、疲労回復に効果があります。
・コレステロールの上昇を抑える効果がある
・眼の疲れや視力回復に効果的

牡蠣に含まれる栄養

牡蠣には多くの優れた栄養成分を含んでおり「海のミルク」と言われています。ビタミンA、B1、B2、B12、鉄、タウリン、グリコーゲン、DHA、EPA、カルシウムなどの栄養素を多く含み、われわれ人間にとっても様々な効能があり、健康によい食品として多くの人に愛されています。

人間の体はたんぱく質と水と脂質でできていますが、筋肉や内臓、血管、血液、髪の毛など体のパーツのほとんどがたんぱく質でできていると言ってもよいでしょう。そして、牡蠣には良質なたんぱく質をはじめ、様々な栄養成分が含まれています。

タウリン

タウリンには肝機能の働きをよくする効果があることで知られていますが、水溶性の成分ですのでお鍋などで摂取するのもオススメです。また、血液中のコレステロールの上昇を抑制する作用があり、脂肪の消化吸収を促進し、乳酸の増加を抑え、スタミナ増強、疲労回復、視力回復などに効果的です。

亜鉛をはじめミネラル

亜鉛は体内の酵素を作る役割を果たしていますが、牡蠣には牛乳の35倍、ほうれん草の7倍もの亜鉛やカルシウム、鉄、銅、マグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。

グリコーゲン

グリコーゲンは動物デンプンとも呼ばれるブドウ糖の一種で、主にスポーツなど運動時のエネルギー源として使用されます。牡蠣は糖質の50%をグリコーゲンが占め、体内のエネルギーが不足したときに血液中の糖度を調節する役割をし疲労回復、体力増強、脳の活性化、糖尿病予防に効果的です。

ビタミン

エネルギーを作るために必要不可欠なビタミンは体内で作り出すことができず、食べ物から摂取するしかありません。牡蠣にはそのビタミンが豊富に含まれ、赤血球の生成を促進することから貧血予防などに効果的です。

牡蠣エキスの上手な摂り方はサプリ!

牡蠣エキスはとても体によいので、定期的に摂取するのがよいと言われています。しかし、季節の食材であると共に、ある程度値の張る食材なので、そう頻繁には食べられません。

牡蠣を食べる場合

牡蠣エキスを牡蠣から摂取したいというこだわりを持っている人は、真牡蠣と岩牡蠣の両方を購入するべきでしょう。真牡蠣というのは太平洋や瀬戸内海などで取れる牡蠣で、冬が旬となっています。

逆に岩牡蠣というのは、日本海側で取れる牡蠣で、夏が旬となっているのです。この両方の牡蠣を食べることで、通年は不可能であっても、ある程度長い時期牡蠣エキスの摂取ができるでしょう。

安くて通年摂取が可能な方法

牡蠣というのはある程度高い値段の食材ですし、時期にならないと食べるのが難しいことから、人によっては定期的に摂取するのは難しいでしょう。では、どのような方法なら通年摂取が可能なのでしょうか。

それはサプリメントを利用する方法です。サプリメントであれば時期に関係なく牡蠣エキスが摂取できますし、比較的安価になっています。

調味料でも多少は補える

牡蠣エキスはサプリメントや牡蠣その物でも摂取可能ですが、地域によっては調味料に使用されていることもあるのです。特に牡蠣の一大産地である広島県では、よく調味料に牡蠣のエキスが使われています。

しかし、調味料は大量に使用するわけにはいきませんので、少量の摂取になってしまうでしょう。このような点を考えると、やはりサプリメントが最もおすすめです。

ドラッグストア・薬局にある牡蠣サプリ一覧

最近はドラッグストアでもサプリメントが普通に売られています。種類はそれほど多くはありませんが、どのようなサプリメントが売られているのでしょうか。

定番のサプリメント

ドラッグストアで売られていることの多い定番のサプリメントと言っても過言ではないのがオリヒロ 牡蠣エキス粒でしょう。もちろんドラッグストアによって定番の商品は変わってきます。

地域によっても差が出てくるでしょうが、比較的売られているケースが多いと言えます。もちろんネットショップでもよく見かけるので、運動不足やお酒をよく飲む人には特におすすめできます。

お酒を飲む人にすすめたいサプリ

比較的ドラッグストアでも売られており、お酒を飲む人にすすめたいサプリメントがしじみの入った牡蠣ウコン+オルニチンです。名前の通りにウコンやオルニチンが含まれているので、お酒を飲む人には最高だと言えるでしょう。

ウコンは沖縄でよく取れる健康食品の1種ですし、オルニチンはシジミに含まれている成分で、肝臓によいと言われています。もちろんお酒を飲まない人にもおすすめできます。

亜鉛をしっかりと摂取できる

牡蠣エキスが入っているサプリメントのメリットは、亜鉛という成分をしっかりと摂取できることです。その中でも野口医学研究所 低分子カキ肉&亜鉛という種類は、1日に必要な亜鉛を摂取できます。

しかもドラッグストアで売られていることもあるので、購入しやすい上に他の種類に比べて安いので、とても利用しやすいでしょう。

失敗しない牡蠣サプリの選び方

牡蠣サプリというのはたくさん種類があるので、どのように選ぶのか迷ってしまうこともあるでしょう。そこで失敗しない選び方を見ていきましょう。

原料や成分をしっかりと確認する

牡蠣サプリとは言っても、牡蠣エキスしか入っていないというわけではありません。他にもプラス成分が使用されているので、他の成分や使用されている原材料をきちんと確認しておきましょう。

まずは牡蠣エキスに含まれている成分を確認し、不足している栄養素が含まれている原材料が使われている種類を選ぶのがベストです。そうすればバランスよく摂取することができるでしょう。

亜鉛の量もチェック

牡蠣サプリと言えば、亜鉛をしっかりと摂取できるという点です。ただし、牡蠣サプリによって亜鉛の量というのは変わってくるので、きちんと量を確認しておきましょう。

ただし、亜鉛の量は多ければよいというわけではなく、適量摂取が原則です。普段の食事でどれぐらい亜鉛を摂取できているのかも確認しておくと、よりサプリをうまく使えるようになるでしょう。

値段も重要な判断基準

サプリメントを選ぶときには、原材料や成分をチェックすることが第一だと言っても過言ではありません。その次に気にすることが値段でしょう。

サプリメントは短い期間だけ利用しても、あまり効果は期待できません。多少長い期間使用する必要があるので、やはりリーズナブルな価格であると、より長く購入しやすくなると言えるでしょう。